ROSEMARY

Rirerecipe
  • PINK RIBBON CAMPAIGN 2015
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE@

COLUMN

19/03/01

【Vo.4 新ビジュアル】~自分のお肌を知ることが綺麗な素肌への近道!~

 
こんにちは!ローズマリーのプレス担当くじらです♪
 
今回は2019.3/1より店頭に掲示しておりました新ビジュアルに合わせて、お化粧品スキンケアのお話を…。
皆さんは現在お使いのスキンケアアイテムにどのように出会いましたか?
使用感や自分のお肌の状態に満足していますか?


ローズマリーでは、豊富な品揃えで、テクスチャー・香り・成分・価格などからご自由にお選びいただけます。
下記にて基本的なスキンケアの選び方をまとめました!ローズマリーおすすめのスキンケアもご紹介しておりますので、ぜひご覧ください♪
 

まずは新ビジュアルについて
 

 
今回はスキンケアで生まれ変わった自分自身を表現。
透き通った雰囲気でかっこいいビジュアルに制作しました!!
 
それではスキンケアの基本をご紹介していきます。 
 

そもそもスキンケアとその役割とは...?
スキンケアの役割はすこやかな素肌を保つために、皮膚を清潔にして、肌が乾燥したり、肌荒れしたり外から受ける影響を防ぐことを目的とします。また、保湿や保護をする事で、本来もっている肌の新陳代謝機能を高める働きをします。
 各スキンケアには異なった役割が存在します。
 
クレンジングと洗顔の違い。
W洗顔はとても重要!
クレンジングの後に洗顔の意味がよくわからない。本当に必要なのか?と感じている方もいらっしゃるのではないかと思います。
なのでこの場をお借りして、クレンジングと洗顔の違いについてお話し致します。
 
・クレンジングとは
 クレンジングとはメイクを浮かして落とすのはもちろん、毛穴につまった汚れである角栓、黒ずみなどを落とすもの。主に“油性”の汚れや落ちにくい頑固な毛穴のつまりを落としてくれます。
 
 ・洗顔とは
洗顔は古くなり、お肌に必要のなくなった角層細胞や余分な皮脂や汗、顔についたホコリなどを落とします。主に“水性”の汚れをきれいにします。
  
『油性』と『水性』
 
クレンジング油性 洗顔は水性。専門的に落とす分野が違うので役割は全く変わってきます。どんなに薄いメイクでもクレンジング。その後どんなにさっぱりしていてもクレンジングでは古い角質を取る事は難しいので洗顔をおこないましょう!
 
 
《W洗顔の注意点》
 
W洗顔は肌がつっぱりやすいから嫌だと感じる方もいるかと思います。ですが、大抵は汚れ残しの不安で力を強くしてしまっているだけなんです。
汚れを落とす際に、肌をゴシゴシこするのは絶対にNGです!
クレンジングは、メイク汚れをただ浮かせるだけのイメージで、指の腹でやさしくくるくるとなじませます。
また、洗顔の際は。洗顔料をしっかりと泡立てる事が重要です。肌の上に滑らせるように洗うことで、泡がやさしく洗顔をしてくれます。
肌への刺激を軽くW洗顔でもやさしい洗い上がりになります。
 
 
私も昔はクレンジングだけで済ませて、洗顔をサボっていました。。むしろ、学校では教えてくれないのでローズマリーに出逢い、美容の勉強をするまではW洗顔というワードさえ知らなったです(笑)
 
 
ローズマリーおすすめクレンジングと洗顔について
クレンジング・洗顔ともに、ローズマリーでは売り上げ堂々の1位!厳選された漢方の力で本来の美しさを蘇らせる知る人ぞ知る日本のスキンケアブランド「シェルクルール化粧品」。トラブルの起きにくい肌へと導くスキンケアです。

〈クレンジング〉
・ベーシッククリーム¥3000+tax
低刺激性、天然オイル中心のウォッシングタイプのクレンジング。メイクやお肌の汚れをしっかり落とし、しっとりなめらかに保ちます。また、マッサージクリームやパックとしても使用できる優れもの♪
 
〈洗顔フォーム〉
・ウィプトソープ¥3000+tax
ソフトタイプの洗顔フォーム。沖縄の海泥(マリンシルト)と石鹸タイプのきめ細やかで豊かな泡が汚れをさっぱりとした洗い心地。なのに洗顔後もつっぱることなくもっちりとお肌のキメを整えてくれます。
 
どんなに良い化粧水で保湿をしても汚れの洗い残しがあれば意味がありません。本当の役割をしっかり理解しながら、自分の肌にあったクレンジング&洗顔を心がけて素肌美人への1歩をスタートしましょう!
 

 
最後までお読みいただきありがとうございました!
次回もお楽しみに♡